ダイエットしても胸は痩せないようにするにはどうしたら良いの?

ダイエットしてしまうと、他の部位の脂肪は落ちないのに胸ばかり落ちてしまった、なんて経験をしたことがある方も実際に多いと思います。

 

こちらでは、どうすれば胸は痩せないダイエットが成功するのか、といった点について解説します。

 

バストサイズは維持したいけど、ダイエットはしたい、なんて考えている方は必見です。

 

 

■運動ダイエットをする時はスポーツブラを使用する

 

・胸を揺らすと脂肪燃焼が促進されてしまう

 

運動ダイエットは、体を動かして脂肪に刺激を与えるのも目的としています。

 

脂肪が揺れ動かされることで、脂肪燃焼が促進されてしまうのです。

 

しかし、最も揺れやすい部位はバストなわけですよね。

 

ジョギングしたとしても、胸が大きく揺れてしまうわけです。

 

ですから、はからずも胸が最も痩せてしまう、なんてことになります。

 

そこでスポーツブラの出番となります。

 

スポーツブラは、胸をしっかりと押さえつける効果を持っています。

 

胸の揺れを抑えてくれるのです。胸の脂肪燃焼がしづらくなりますよ。

 

 

・スポーツブラは胸の靭帯も守る

 

胸には、形を維持するために役立っている「クーパー靭帯」と呼ばれているものがあります。

 

激しいスポーツを行っている女性は、そのクーパー靭帯が激しい揺れによって切れてしまうことがあるのです。

 

切れてしまうと胸の形が崩れてしまい、たれてしまうこともあるんですよ。

 

そこで出番になるのがやはりスポーツブラなのです。

 

スポーツブラは、胸の動きを制御できるので、クーパー靭帯もしっかりと守り抜けます。

 

将来的な垂れパイ状態を防ぐこともできるわけです。

 

 

■ダイエットに筋トレを加えてみよう

 

・ダイエット中は胸の筋肉も減ってしまう

 

ダイエットをすると、全身の筋肉が弱ってしまうことがあります。

 

特に食事制限をしてしまうので、タンパク質が体内に入ってこないのです。

 

そこでおすすめになるのが、タンパク質の摂取です。

 

積極的に摂取することで、ダイエットによる筋肉の現象を抑えることになります。

 

筋トレ法としては、胸の上部から肩甲骨までを鍛えるものがおすすめです。

 

たとえば、腕立て伏せなんて方法も良いです。

 

鉄アレイやダンベルなどで、カールアームをする方法も良いですよ。

 

特に胸の上部の筋肉を鍛えることで、脂肪をしっかりと下支えしてくれるわけです。

 

形を維持したままでのダイエットが成功しやすくなります。

 

しかも、筋肉を維持すれば、ダイエット自体が成功しやすくなりますよ。

 

脂肪がいままで以上に燃焼しやすくなるのです。




今人気の注目商品レビュー↓↓