激しく揺らすとバストはしぼむって本当なの?

本当です。

 

旨を激しく揺らすような生活を送っている方は、胸が小さくなりやすいので十分に注意しなければなりません。

 

こちらでは胸を揺らすとなぜ小さくなってしまうのか、胸を揺らさないためにはどうしたらいいのか、といったことを詳しくお話します。

 

 

■胸が揺らすと胸が小さくなってしまう理由とは?

 

・脂肪燃焼が起きてしまう

 

他の部位であれば、脂肪燃焼はものすごく嬉しい訳ですよね。

 

しかし、胸の脂肪燃焼を嬉しいと感じる女性はほとんどいないと思います。

 

脂肪にはある特性があるのです、脂肪に振動が加わると、脂肪燃焼のスイッチが入りやすいのです。

 

特に胸は他の部位に比べて、揺れやすい性質を持っているわけです。

 

スポーツを定期的にしている人は、特に胸がしぼみやすいので注意しなければなりません。

 

また、運動をこれから始めよう、と思っている方も胸のサイズを維持するための一定の対策が必要になります。

 

ただ、あまり気にしても生活できませんよね。

 

胸を小さくしたくないからといって、体を動かさないわけにはいきません。

 

さらにもう一歩踏み込んで、胸を揺らしにくくするための対策法について考えてみましょう。

 

 

■胸を揺らしにくくする方法とは?

 

・スポーツブラを活用する

 

運動を良くする方は、スポーツブラの定期的な利用がおすすめです。

 

日頃から利用するには、少し締め付けが強いので適切とは言い難いですが、運動している時間帯だけ利用する、といったことは基本的にオススメです。

 

ただ、どんなスポーツブラでも良いわけではありません。

 

必ず利用前に自分のサイズにあっているかを確かめるべきです。

 

胸のサイズに合っていないブラを利用するほど、胸に対して危険なことはありませんよ。

 

 

・有酸素運動ではなく無酸素運動に切り替える

 

ダイエットのために有酸素運動をしている方は非常に多いと思います。

 

有酸素運動は長時間に渡り、ジョギングやウォーキング、サイクリングやスイミングを行うのです。

 

長時間胸を揺らし続けることになってしまいますよね。

 

胸にとっては、あまりよい状況とはお世辞にも言い難いです。

 

ここで注目したいのが、無酸素運動です。

 

無酸素運動は短時間で体の筋肉を鍛えあげる運動法です。

 

短時間ですし、身体を繰り返し揺らす、なんてこともしません。

 

しかも、筋肉がつくことは胸にとっても良いことなのです。

 

胸の脂肪を支える筋肉を鍛えるための無酸素運動を始めてみるのもおすすめですよ。




今人気の注目商品レビュー↓↓