あなたは冷え性?もしかしたらそれが小胸の原因かも

女性の多くが悩んでいるのが、冷え性です、手足が冷えてしまうような、末端冷え性に悩んでいる方も多いですよね。

 

冬が特に辛い、なんて考えている方も非常に多いのです。

 

そんな多くの女性が煩わされている冷え性ですが、実は胸のサイズに大きな影響を与えていることがわかってきました。

 

こちらでは、冷え性と小胸の関係性について詳しく解説します。

 

 

■低体温の方は、小胸になる確率が非常に高い

 

・体温が36度未満の方は要注意

 

低体温の基準になるのが、36度未満です。

 

体温計をはかって、35度台になっているかたは冷え性が発症していると考えられます。

 

ただ、冷え性の定義は非常に難しいのが現実です。

 

冷え性の定義とは、実は体温で決まってくるものではありません。

 

「特に寒いと感じていないのに、手足は冷えている」
「ベッドに入っても手足が冷たくてなかなか寝付けない」

 

このような経験がある方が一般的に冷え性とされているのです。

 

ただし、冷え性の方が、低体温であるケースが多いことも事実です。

 

ですから、最もわかりやすい体温を測って、自身の基礎体温が高いのか低いのかはチェックしておきましょう。

 

 

■冷え性になると胸にどんな影響があるのか?

 

・胸に栄養が送られなくなってしまう

 

胸は、脂肪によって大きくなるわけです。

 

脂肪がつかなければ、胸は小さいままになってします。

 

その脂肪は、血液によって送られてくるわけです。

 

仮に冷え性を発症していると、血行が悪い状態になっています。

 

血液によって、脂肪の材料が送られなくなります。

 

 

・ホルモン量にも問題が出てきてしまう

 

女性ホルモンが活発に分泌されればされるほど胸は大きくなりやすいです。

 

胸にある乳腺と呼ばれる組織に大きな影響を与えているのです。

 

乳腺が大きくなると大きな胸になるのですが、女性ホルモン量が多ければ多いほど発達します。

 

その女性ホルモンも、血液によって胸まで運ばれてくるのです。

 

仮に冷え性が発症していると、せっかくホルモンが分泌されていても、胸にまで到達しにくいわけです。

 

 

■冷え性の解決方法はないのか?

 

・筋肉をつけること

 

何も見える筋肉を付ける必要はありません。

 

インナーマッスルと言われるものを身につけるだけでも効果があります。

 

ヨガやピラティス、更にはチューブを使ったトレーニングも効果的です。

 

筋肉をつけると熱を発生させやすくなります。

 

 

・睡眠をしっかりと取ること

 

睡眠不足はストレスをまねき、ストレスは血行障害をまねきます。

 

しっかりと寝てストレス解消することも、冷え性を治すために必要なことです。




今人気の注目商品レビュー↓↓