バストアップと女性ホルモンの関係性を徹底調査

女性ホルモンが少なくなると、胸は小さくなる、なんてことを聞きますが、実際にそんなことがあるのでしょうか。

 

こちらではバストアップと女性ホルモンがどのように関わっているいのかについて解説します。

 

貧乳で悩んでいる女性で、自分お胸の小ささにはホルモンが関係しているのではないか、と疑っている方に必見のテーマとなります。

 

 

■女性ホルモンの活発化と胸の発育は関連している

 

・エストロゲンの分泌に比例する

 

子供の時は女性もそれほど女子絵ホルモンのエストロゲンは分泌されていません。

 

小学生くらいまでは胸の大きさもそれほど大きくないものです。

 

しかし、中学生や高校生に入ると急激に、胸が発育する場合もあります。

 

胸の発育に関しては、ホルモンが関わっていることには間違いありません。

 

中学生や高校生になると、女性らしい体つきになるわけです。

 

バストの発育とホルモンの関係性がある、といったことには理解してもらえたと思います。

 

問題になってくるのが、大人になってから女性ホルモンが高まればバストアップするのか、といったことです。

 

様々な考え方があるのですが、こちらでは女性ホルモンが高まればバストアップする、といった立場に立たせてもらいます。

 

 

■生理前には胸が張る女性が多い

 

普段は胸が小さく悩んでいる女性であっても、生理前に入ってくると急に胸が張りだす例はありませんか。

 

女性にとってはそれほど珍しい事ではありませんよね。

 

生理前というのは、生理の準備を始めているわけです。

 

女性特有の生理が起こるときには女性ホルモンが大きく関わっています。

 

生理前は、エストロゲンの分泌量が増えることもわかっています。

 

そして生理中になると、増殖していたエストロゲンが一気に少なくなります。

 

生理中は胸が小さくなってしまいますよね。

 

以上の事から、女性ホルモンとバストのサイズには大きな関係性があると断定できるわけです。

 

しかし、問題があります。

 

バストアップするためには、女性ホルモンを増殖しなければいけないのでしょうか。

 

もしそうだとすれば、身体の機能に大きな影響を与えかねません。

 

・ホルモンバランスを正常化してバストップを目指そう

 

何も女性ホルモンを増やす、といった考え方しかないわけではありません。

 

バストが小さい原因には、極端に女性ホルモンが少なくなっている可能性だってあるのです。

 

そこでホルモンバランスを正常化させてバストアップを目指す方法が生まれてきます。

 

安全性の高い方法も少なくありません。

 

たとえば、ホルモンバランスを崩す原因としてストレスがあります。

 

ストレスをため込まないようにするだけでも、女性ホルモンが正常化することだってあるのです。

 

 


実際に女性ホルモンはバストの大きさにどのように関わっているのでしょうか?

 

バストアップサプリメントなどは、実際に女性ホルモンに似た作用がある成分が多く含まれています。

 

それらに効果があるのかを知るためにも、しっかりと把握しておきたいテーマになります。

 

 

■女性ホルモンはバストアップに大きなかかわり合いがある

 

・乳腺の発達に関わるのが女性ホルモン

 

女性のバストの大きさに大きく関わっているのが乳腺なのです。

 

乳腺組織がしっかりと発達している女性の胸は非常に豊かになります。

 

しかし、乳腺組織が発達していない女性は貧乳となってしまいます。

 

だからこそ女性ホルモンをしっかりと高めて乳腺組織を発育させ、胸を大きくしなければならないのです。

 

バストアップサプリメントで女性ホルモン位に他作用がある成分を摂取する意味もよく理解してもらえたと思います。

 

ただ、ここで女性ホルモンを高めてしまうのは危険ではないか、といった思いも出てくると思います。

 

ホルモンバランスが崩れると、体調も崩してしまいます。

 

女性ホルモンの働きに似た作用のある成分の摂取の安全性について詳しくお話します。

 

 

■植物に含まれるエストロゲン(女性ホルモン)作用の副作用のリスクは小さい

 

・あくまで似た働きがあるだけ

 

女性ホルモンそのものを摂取しているわけではありません。

 

植物性エストロゲンと呼ばれるものを摂取しているにすぎないのです。

 

ホルモンバランスを大きく崩してしまうようなリスクは今のところ内在していません。

 

 

・生理中の利用は注意しよう

 

安全ではありますが、そもそも女性の女性ホルモンが高まりやすい時期である生理中の利用は安全面も考えて利用はしないほうが良いです。

 

実際に、生理痛が重くなってしまった例も多く報告されています。

 

腹痛・頭痛・出血がひどくなってしまうこともあるので、

 

バストアップサプリの利用は生理を外すのが一般的にお勧めですよ。

 

 

■女性ホルモンをサプリに頼らずに高める方法はあるのか?

 

・規則正しい生活を送ること

 

実は、ストレスによってホルモンバランスが大きく乱されてしまうのです。

 

ストレスは睡眠に大きな影響を受けます。

 

寝不足の状態が長時間続いてしまっている方は、ストレスが大いに高まってしまいます。

 

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、といったことも大切ですよ。

 

週末の寝溜めをしてしまうと、かえってストレスを高めて女性ホルモンの分泌量が少なくなることもあります。

 

女性ホルモンとバストの関係性を徹底解説する

バストサイズに関しては様々なものが関連する、とされています。

 

その中でも、多くの方から指摘されているのが「女性ホルモン」です。

 

本当にバストサイズに女性ホルモンが関わっているのでしょうか。こちらで詳しく解説します。

 

 

■女性ホルモンには、バストの大きさを左右させるほど大きな関係性がある

 

・男性に女性ホルモンを打つと胸が大きくなる

 

もともと男性であった方が、性転換手術を行って女性ホルモンの利用を開始すると、様々な変化が現れます。

 

その中でも最も大きな変化が、バストなのです。

 

豊胸手術を受けていないのに、胸が男性のものとは異なってふくよかな丸みを帯び始めるわけです。

 

この点を見ていくだけでも、女性ホルモンがいかにバストに関わっているのかが見えてきますよね。

 

ちなみに、女性ホルモンには2つあります。

 

その2つともバストには大きくかかわっているので、解説します。

 

 

■女性ホルモン・エストロゲンとバストの関係性

 

・女性らしい体つきを作るのに役だっているホルモンである

 

女性らしい体つきといえば、脂肪が付いた丸みのある身体です。

 

胸にも脂肪がついて丸みを帯びるようになるわけですが、それにもエストロゲンが大きな役割を果たしています。

 

ちなみにエストロゲンは女性の健康にも大きな効果を持っています。

 

血流の改善といったものがあり、これは胸のハリにも間接的に関わっているのです。

 

血行が良くなることで、胸にもたっぷりと血液によって栄養が送られるわけです。

 

血行が悪ければバストアップも目指せません。

 

・エストロゲンの分泌が少なくなるメカニズム

 

ストレスが最もよく有りません。規則正しい生活を実施して、エストロゲンがしっかりと分泌されやすいように対処しましょう。

 

 

■女性ホルモン・プロゲステロンとバストの関係性

 

・乳腺を発達させる作用がある

 

プロゲステロンはバストの中にある、乳腺に大きな働きがあります。

 

乳腺が発達すれば、胸のサイズが大きくなるわけですから、エストロゲンとともに、バストアップには欠かせない女性ホルモンと判断できます。

 

プロゲステロンには、子宮内膜を厚くして妊娠をしやすくする、といった大事な機能もあります。

 

ちなみに、別名では「黄体ホルモン」とも呼ばれていますよ。

 

 

■女性ホルモンではないが成長ホルモンにも注目しよう

 

・睡眠時間の確保が大事

 

成長ホルモンを分泌することで、バストサイズの成長も期待できます。

 

主に寝ている時に分泌されるので、一定の睡眠時間以上(5時間から6時間以上)は確保するのがお勧めです。

 

 

 

バストアップと女性ホルモンの気になる関係とは?

 

 

・バストアップと女性ホルモンの気になる関係とは?

 

バストアップの方法を調べていると、女性ホルモンという言葉を頻繁に目にしますよね。

 

けど、具体的にどういう原理でバストアップと女性ホルモンが関係があるのかはよく分からないという人も多いのでは?

 

そこで、バストアップと女性ホルモンの知られざる関係について分かりやすくまとめてみました。

 

女性ホルモンのことを知ればするほど、バストアップ成功への道も近付きますよ!

 

 

 

@ 女性ホルモンとは?

 

そもそも女性ホルモンとは何?というと女性が子供を産み育てるために、体を変化させる指令を出すホルモンです。

 

エストロゲンとプロゲステロンが代表的です。

 

エストロゲンは子宮の内膜を厚くしたり、女性らしい体を作るホルモンです。

 

女性らしい丸みを帯びた体やバストを形作るのもエストロゲン。

 

エストロゲンは生理が終わってから排卵するまでの間に多く分泌されます。

 

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです。

 

受精した精子と卵子が子宮に着床しやすいように整えてくれます。

 

プロゲステロンが分泌されている間は腰痛がひどくなったり、無駄にイライラしたり、といった症状が現れることも。

 

排卵後から、生理中にかけて多く分泌されます。

 

 

 

A バストアップに効果があるのはエストロゲン!

 

女性ホルモンの個所でお話しした通り、エストロゲンは女性らしい体を作る作用があります。

 

ということは、バストアップに効果あり!という訳です。

 

エストロゲンを多く分泌させれば、バストアップ効果の期待大!なのですがエストロゲンの分泌は自由自在に増やせるものではありません。

 

それどころか、ストレスや自律神経の乱れにより分泌が減ってしまう人もいるのです。

 

特に痩せている人や生理が不順と言う人は要注意!

 

 

 

B エストロゲンの分泌を増やす方法とは?

 

エストロゲンの分泌は自分でコントロールすることはできませんが、サプリメントや食事で改善することは可能です。

 

特に、バストアップ専用のサプリは、バストアップに必要なエストロゲンと同じような働きをする成分が含まれていますのでおすすめです。

 

もし、最初からサプリメントを飲むことに抵抗がある、という場合はエストロゲンに似た働きをする成分を多く含んだ食事を取るとよいでしょう。

 

サプリに比べれば効果は穏やかですが、何もしないよりも効果は期待できます。

 

具体的には大豆、ヒジキ、キャベツ、ココア、りんご、などです。

 

熱に弱い特徴がありますので、生で食べるようにしましょう。

 

 



今人気の注目商品レビュー↓↓