バストのメカニズムを知ってバストアップしよう!

バストアップを願ったからと言って胸が大きくなるわけではありません。

 

バストアップのメカニズムを知ることはまずは重要なのです。

 

知っていれば対策を立てることもできますよね。

 

こちらでは、バストアップはどのようにして起こるのかについて、その仕組みを詳しく解説します。

 

胸が小さくて悩んでいる女性は必見です。

 

 

■ホルモンが大きなかかわりを持っている!

 

・女性ホルモンの分泌の程度が重要

 

女性らしい体つきになるために活躍してくれるのが女性ホルモンです。

 

エストロゲンといわれるものですが、そのホルモンが活発に分泌されているのであれば胸は大きくなります。

 

妊娠中には多くの女性は胸が大きくなったと感じます。

 

それは妊娠したことによって女性ホルモンが活発に分泌されているからです。

 

だからと言って、妊娠中のような状態を常時作り出すことは出来ません。

 

それを望むのは体にとっては酷というものです。

 

 

・ホルモンバランスを整えるようにすべき

 

女性ホルモンのバランスが崩れるとバスト以外にも健康にもバストにも大きな影響が出てしまいます。

 

だからこそ、バランスを整えることに注力すべきなのです。

 

ホルモンバランスは成長ホルモンも大きく関わります。

 

成長ホルモンをしっかりと分泌させるためには睡眠が重要です。

 

短時間睡眠や寝る時間帯によって、ホルモン分泌に差が出てくることもあるので注意してください。

 

・推奨睡眠時間⇒6時から7時間程度
・推奨睡眠時間帯⇒午後10時から翌2時

 

 

■食事から女性ホルモンを高めることもできる

 

すぐに効果が現れる、なんてことはありません。

 

しかし、食事によってホルモンのバランスが変化することもあり、バストサイズに影響を与えることもあるのです。

 

こちらでは食事とバストアップの仕組みについてお話しします。

 

 

・胸を垂れさせないようにするための食生活が大事

 

胸の脂肪を支えるのは筋肉です。

 

胸の脂肪をしっかりと支えられる程度の筋肉を付けるための食生活をしましょう。

 

タンパク質がまずは重要です。

 

タンパク質自体が、筋肉を形作るものだからです。

 

肉や大豆食品、さらに乳製品などを積極的に摂取することで、筋肉が付きやすくなります。

 

また、ビタミンBの摂取も必要です。

 

筋肉のハリや、お肌のハリといったものに関わる成分でもあるからです。

 

食材としてはウナギや豚肉さらにレバーや大豆製品などに含まれています。

 

ホウレンソウや玄米などの健康的な食品にも含まれている成分になります。




今人気の注目商品レビュー↓↓