どんなブラジャーがおすすめ?バストアップのための下着選び

バストアップを考えるときには、普段つけている下着も大きく関わっているのです。

 

誤った選択をしてしまうと、逆に胸が小さくなってしまうこともあるので充分に注意してくださいね。

 

バストアップ法にもなる下着の選び方を詳しくお話します。

 

胸のサイズを気にしている女性は必見のテーマですよ。

 

 

■サイズが特に重要である

 

・ベストなサイズの下着を利用すべき

 

小さすぎるブラジャーを選んでしまうと、せっかくの胸の肉も、他の部位へ逃げてしまうことがあります。

 

貧乳を自ら招いてしまうことにもなるので、小さいブラジャーの利用はやめてください。

 

では、大きすぎるブラジャーが良いのか、と思うかもしれません。

 

しかし、大きすぎるのも胸のお肉が移動してしまいやすくなり、結果的に貧乳への扉を開いてしまいます。

 

ちなみに大きなブラジャーを利用すると乳首が擦れてしまいやすいですよね。

 

乳首の色素沈着が起きやすくなるので、その点を考えるとやはり大きめのブラジャーはあまりおすすめではありません。

 

あたりまえのことですが、自分にあったサイズのブラジャーを着けるのがお勧めですベストサイズであれば、胸の肉が他の部位に逃げてしまうこともありません。

 

サイズを維持できるのです。

 

 

■補正下着には効果が期待できるのか?

 

・効果が期待できるが、使い方を誤ると悪い結果も生む

 

補正下着は慣れるまでが大変だと思います。

 

しかし、うまく使うことさえ出来れば大きな効果も生みやすいので、チャレンジしてもよいかもしれません。

 

補正下着の大きな特徴は、締めつけ感です。

 

しっかりと締め付けることで、細く見える、といった効果を発揮してくれるわけです。

 

その締めつけ感が役立つのが、身体の他の部位の志望を胸に持って行く時です。

 

バストアップ法の一つになりますが、実際に背中の肉やウエストの肉を持っていく例もありますよね。

 

しかし、そんなことをしても普通の下着では元に戻ってしまいます。

 

そこで出番になるのが補正下着です。

 

様々な部位の肉を胸に移動したら、補正下着を装着します。相違すると元に位置に脂肪が戻れなくなります。
その結果、胸の位置に脂肪がとどまらざるを得なくなり、結果的にバストのサイズアップになるのです。

 

寄せて上げて、といったことをバストアップ法として実践している方は多いですが、ジャストサイズのブラジャーを付けて、その上で補正下着をつけるのがかなりおすすめの対策法でもあります。

 

ただ、あまりに強い引き締めは健康を害することもあるので注意しましょう。




今人気の注目商品レビュー↓↓