バストの形を悪くする原因|やってはいけないこと

アナタの行動にバストの形を悪くしている原因があるかもしれません。

 

こちらでは普段の生活で行っている行動の中で、バストに悪影響を与えていることを指摘させてもらいます。

 

もしも一つでも行っているものがあれば、早急にやめてくださいね。

 

 

■タバコを吸うことは厳禁!

 

・喫煙はバストサイズにも悪影響を与える

 

健康に悪影響をおよぼすことでも知られているのが、タバコになります。

 

タバコについては、バストサイズにも実際に強力な影響を与えてしまっています。

 

もしも、その内実を知ってしまったら、喫煙していた女性も禁煙しだすかもしれません。

 

 

・ニコチンにホルモンバランスを乱す作用がある

 

ニコチンはホルモン働きを邪魔する機能があることが知られています。

 

女性ホルモンの分泌を抑制させてしまうこともあります。

 

バストサイズは女性ホルモンに大きな影響を受けるので、仮にニコチンによって女性ホルモンの分泌量が減ってしまえば胸は大きくならないのです。

 

禁煙については難しいと思うかもしれません。

 

しかし、「胸の形を良くするため」といった目的があれば達成はしやすくなるものです。

 

 

■睡眠不足の状態にならないこと

 

・1日あたり6時間から7時間はしっかりと眠ること

 

睡眠不足はストレスを高めてしまいます。

 

ストレスが高まると、高血圧の状態になってしまい、血管が収縮してしまうのです。

 

胸のサイズや形を維持するためには、しっかりと胸に英用意を送らなければなりません。

 

しかし、血管が収縮してしまうと、全身に血液が効率的に送られないのです。

 

バストの形を維持するための栄養、胸を大きくするための栄養などが現場まで届かない状態になります。

 

さらに、ホルモンバランスにも大きな影響があります。

 

睡眠不足が続きストレスが高まると、ホルモンバランスが乱れることが分かっています。

 

週末に寝溜めをすればよいのではないか、と思うかもしれませんが、寝過ぎるのも帰ってストレスが溜まってしまいます。

 

毎日、一定の睡眠時間を確保できるようにしてください。

 

 

■猫背で過ごしてしまう

 

・胸が重力で垂れてしまう

 

猫背で生活をしていると、いつも前かがみのような状態になります。

 

バストが重力によって大きな影響を受けてしまい、垂れる原因にもなります。

 

さらに猫背になると、上半身の筋力が弱ってしまいます。

 

筋力が弱くなれば、胸の形は維持できなくなるのです。

 

胸を張って姿勢を正して生活してください。

 

たったそれだけの行為で、バストサイズが維持できるのであれば簡単な事ですよね。

 

この瞬間からでも対処できるわけです。


 

 



今人気の注目商品レビュー↓↓