胸のサイズは体質的なものもあり、バストアップサプリでも限界があります。

 

そこでファッションにも頼ってみませんか。

 

実はバストを少しでも大きく見せる着こなし術があったのです。

 

服を脱がなければ実際のバストのサイズはわからないわけです。

 

まずはファッションから胸のサイズを大きく見せましょう。

 

 

■胸元がふんわりした印象の服装をすること

 

・胸元がギャザーになっている
・胸元が立体的になっている

 

以上のような特徴のあるファッションを積極的に利用しましょう。

 

胸元がふんわりとしていれば、やはり胸も大きそう、といった印象を与えられるのです。

 

しかし、このファッションには大きなリスクも有ります。

 

太って見えてしまうのです。

 

巨乳には見えても、太って見えてしまえばあまり意味がありません。

 

もちろん、解決方法があります。

 

胸元はフワフワとしつつもその下は比較的タイトなものを選ぶのです。

 

イメージとしては、胸元だけフワフワしている感じですね。

 

胸の下がほっそりとしていると胸と対照的な状態になり、より視覚表現的な効果が現れますよ。

 

 

■胸元を着飾ること

 

・胸に注目させることが大事

 

どんなに対策をしたとしても、胸に視線が来なければ意味がありません。

 

視線を集めるためには、小物を利用するのがお勧めです。

 

・ネックレス
・リボン
・ボタン
・フリル

 

上記のモノが胸元にあると、男性の視線は自然と胸に集中するようになります。

 

胸を見てもらえるようになれば、こっちのものですよ。

 

 

■ウエストの位置に工夫を加えること

 

・ウエストはなるべく高めに

 

ウエストの位置を低くしてしまうと、おっぱいのサイズを小さく見せてしまうことになります。

 

なるべくハイウエストなファッションスタイルがおすすめなのです。

 

トップスをインして、アバラ付近にウエストを持ってくるとバストの大きさが確実に強調されるようになります。

 

アンダーバストの付近は細くなっているので、胸のトップの大きさとの差ができるのです。

 

 

■高等テクニック!服の色に注目すべし

 

・膨張色を胸の位置に持ってくること

 

黒は身体の線が閉まる印象を与えますよね。

 

その逆に、大きく見せる膨張色と呼ばれるものがあるのです。

 

【膨張色の例】
・ホワイト
・レッド
・オレンジ
・ピンク
・イエローなど

 

主に明るい色のことを膨張色と読んでいます。

 

それらの色を胸元に持ってくることで、バストサイズが大きく見えるのです。

 

ただ、これはファッションセンスがなければ、かなりアンバランスに見えてしまうことも確かです。

 

高等なテクニックなので注意してくださいね。


 

 



今人気の注目商品レビュー↓↓